実用例とお手軽作成ノウハウ

オリジナルTシャツを普段から着ている人達

ラーメン専門店に入ると、黒や黄色のシャツに身を包んだ人を見かけるはずです。着ているのは、その店で働いていることを示すオリジナルTシャツです。背中か前の所に店の名前が書いてあるので、店員とお客の違いがすぐに分かる効果があります。ラーメンを作る厨房は火力が高いので、常に熱気に包まれているのが特徴です。その暑さ対策としてもシャツは重宝されています。
映画やドラマの作成を補助している人達は、裏方と言われている縁の下の力持ち的な存在です。カメラを担ぐ役もいれば、トラックに積んできた照明器具を配備する仕事をこなす人もいます。働いているのは、学生時代に柔道やレスリングのした経験がある人達で、体格が立派な場合がほとんどです。
彼らが着ているのはスタッフ専用のオリジナルTシャツです。黒や赤で統一されていることが多く、見るだけでゲストと裏方の区別がしやすいです。プールの監視員の中には、オリジナルTシャツを着ている人もいます。水着を着て泳ぐ人達と、監視員の違いをはっきりさせるのがシャツを着る理由です。常に小高い位置にいてプールの状態を確認するのが仕事です。あと、何かが起こっても大丈夫なように、シャツの下には水着を着ているので、溺れた人がいたらすぐに助けにいけます。

簡単Tシャツ作成

一般的には服は既に出来上がっている物をお店で購入しますよね。誰かがデザインした服をそのまま着る、そんな感じが普通だと思います。しかし、Tシャツくらいでしたらオリジナルの物を作ったりも出来ますのでチャレンジしてみませんか?
一から生地を裁断してなんていうのはかなり難易度が高いので、もしオリジナルTシャツを作ろうと思った場合、無地のTシャツを購入するところから始めて下さい。無地のTシャツであれば実店舗でもネットでも手に入れやすく、色数も豊富ですので自分の好みの物を見つけるのは簡単だと思います。そこにプリントしていけば簡単にオリジナルTシャツの出来上がりです。
プリントはプリンターを使えば簡単ですが、布に描けるペンを利用したり、あとはネットのサービスでオリジナルのアイロン転写シールを作ってくれるところもありますのでそれを利用すると良いです。どれもそれなりに手間は掛かりますが、難しいという事はありません。なので子供にも出来ると思います。プリントされた物は乾燥機を使わなければ洗濯もOKですので何度でも着られます。
本格的にTシャツを作るのはちょっと面倒臭いですが、ちょっとしたデザイナー気分を味わうくらいなら本当に簡単に出来ます。良い暇つぶしにもなりますのでチャレンジしてみて下さい。